ザンビア活動記録


by kasshan_maki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
4月のターム休み中、約1ヶ月間、遊びに遊びまくりました。f0204589_1036065.jpg
もうお金ありましぇ~ん!!でも楽しかったー^^/

今からのブログは主に国内旅行と任国外旅行を中心に書いていきます!
さて、まず4月10日~14日4泊5日でSiavonga+Lower Zambeziに行ってきました。
前回のSiavongaは同期隊員とでしたが、今回は若いイケメン・ベルギー人Nickと二人旅です。
→Siavonga・カリバ湖の夕暮れ。向こう側はジンバブエです。
※Nickの相方Timは南アに行っています。

1日目-10日土曜日-
朝5時にLusaka着、昼前にNickと合流f0204589_1020222.jpg
14:30 City MarketにてSiavonga行きのミニバスに乗り込む。
すぐに出るわけもなくバスがいっぱいになるまで待つ・・・。
ただじっと待つ・・・。ひたすら待つ・・・。
出発までの間、いろんなものを売りにいろんな人が来る。

一人の男の人がビニル袋に入った小さくて白い飴を売りに来た。
Nick : What is this? Mint candy?
Seller : ・・・・(無言でビニル袋を差し出す)
Nick : (一つ取り出して口に入れる)・・・・
    (口から出して)I don't like this....
    (3秒後)Nooooooo,Maki! This isn't a candy!!
私 : (その白い飴みたいなものを匂ってみる。ショウノウの匂い・・・)!!!
   Nick! This is for insects! Insect killer! ←でたらめな英語だけど意味は解ってくれた
Nick : Are you killing MUZUNGU? ※ザンビア人は白人(日本人含む)のことをムズングと言います。
Seller : ・・・・
私 : You should say something when he was eating!
Seller : ・・・・(何も言わずに立ち去る)
その後、Nickは頭痛と口の中の違和感に苦しむのであった・・・。
何が起こるかわからない!これまたTIA = This is Africa!
ま、しかし命に別状はなく数時間で頭痛も治まった。よかった、よかった。

そんなこんなで待ちに待つこと3時間、やっと乗客でいっぱいになって出発、17:30(T T)f0204589_10214226.jpg
途中で乗客が入れ替わり立ち替わりしながらSiavonga到着20:30
Nyami Nyami Lodgeのモーリスさんに迎えに来てもらってやっと宿にたどり着いた。
遅めのsupperをいただいて久しぶりに会うカズミさんといろんな話をする。
今回はNickが一緒なので会話はすべて英語。
カズミさんは英語が上手!私は大体の内容は聞き取れるけど、話すのがなかなか難しい(××)
夜にプールで水浴び+プカプカ浮いてから就寝。

2日目-11日日曜日-

f0204589_10251456.jpgf0204589_10342476.jpg先に来ていたJICA隊員4名をお見送り。
ロッジの3人息子と遊んでるうちにお昼になる。

昼食後、次のお客さん(別のJICA隊員3名)を迎えに行くついでにカリバダムを見に行くことに。
現在ダムのゲートは3つ開いていてすごい迫力!3つもゲートを開くのは何年かに一度で、今年はダム開通40周年だそうです。
虹が架かっていて綺麗です!


晩、ロッジの敷地内にカバが現れる@@!庭の草を食べに来た。
ここではよくあることだけど、私は初!こんな近くでカバが見られるなんて!
でも、カバは怒らせるとめちゃくちゃ危険な動物。なのでそっと見てるだけです。


3日目-12日月曜日-

f0204589_123180.jpg
前日夜更かしして朝寝坊。3人坊主が起こしにくる。
遅めの朝食をいただいて、さて、今日は何をしよう?
みんなでプールで遊んだり屋上テラスで日向ぼっこしたり・・・。

f0204589_1241643.jpg
昼からカヌーをしに行くことにした。
川のカヌーと違って広いし波もあるから結構漕がないと前に進まない(++)
私はガイドさんと乗ったので、漕ぐのは半分お任せして写真を撮るのに忙しい。
1時間半ほど周遊してから、イーグルロッジでビール飲みながらお迎えを待つ。

今晩もカバを発見!今回も静かに見守ります。
それから屋上テラスで一人ワインを飲みながらぼんやり・・・。
ちょっと寂しくなってきたから部屋に戻ろうかと思ったところにNickが迎えに来てくれた。


次回に続く・・・
[PR]
# by kasshan_maki | 2010-05-17 10:44

まじのすけ2号が・・・

悲しいお知らせが・・・
またもや長らくのご無沙汰でした。
皆さまに悲しいお知らせがあります・・・。
まじのすけ2号が行方不明になってしまいましたT T。
正確に言うと、落としてしまったんですが・・・。
うぅぅぅぅぅぅぅー、かわいがってたのにぃぃぃぃー。・・・・私が悪いんですけどT T。
ルサカからマンサに帰るバスの中でした。
不覚にも夜バスの真っ暗な中で彼を落としてしまい、必死に探したんですが見つからず。
バスを降りる時によく見たのですが、彼がペッチャンコになった姿は確認できなかったので誰かの服か荷物にひっついて外へ出た可能性もあります。それなら残念ですが仕方ありません。
彼の無事を祈るばかりです。
まじのすけ2号よ!達者でなぁぁぁぁ~!></
最後の写真がヘンな仮面レスラーみたいでちょっと残念ですが、4回目の脱皮をしたばかりでしたんで・・・。
まじ君の成長を楽しみにしてくださっていた方々、申し訳ありません。
もしまじ君とどこかで再会することがあったらor”まじのすけ3号”が登場したら、その時はまたよろしくデスT T。
f0204589_18222514.jpgf0204589_1823157.jpgf0204589_18233948.jpg
[PR]
# by kasshan_maki | 2010-05-01 18:25

アンビリーバボー!!

し、信じられないことが起こりました・・・。
4月6日から10日までリビングストンで行われる予定だった全国教員養成校のAthletics(陸上競技大会)とボールゲームがなくなりました、突然に・・・。その連絡が入ったのは3月31日。
連れていく選手を決定して掲示板に張り出した2時間後のことです・・・。
全く意味が分かりません!
同僚によると、「ダイレクター(全国教員養成校の元締め)が許可しなかったらしい。理由は4月5日から9日まではまだ学校がクローズになっていないから」だそうです。
今年に入って、当初予定していた4月2日のクロージングを9日に延ばしたのはお上です!
それにこの時期にこの大会があることはずーーーーーーーーーーーーっと前から分かっていたことです!
何でこのタイミングでこの決定!?
時期がダメならもっと早くにずらしておけばよかったやんかーーーーっ!!

どこの学校もこの大会に向けて生徒は毎日(・・・かどうかは微妙だけど)練習していて、バスや宿泊の手配もし終わる頃。特にホスト校であるDALICE(David Livingstone College of Education)は気の毒で仕方がない・・・。
ウチの学校も2月に校内陸上大会を行い(ブログでもとりあげました)、3月から朝(2週間ほどでしたが朝4時半から!!これはこれで驚きなんだけど・・・)と夕方にトレーニングをしていました。同僚の先生方はもちろん、生徒もがっくりで。
でも、ここからがザンビア!
一通りわぁわぁ言った後は、さらーっといなくなってしまって次の日には何事もなかったかのようにテストを受けていました。え!?そんなあっさりでいいの?
私は怒り心頭、興奮冷めやらぬままプンプンして一日過ごしたのに・・・。抗議するわけでもなく、ただお上の決定を受け入れるなんてなんだかなぁ・・・。
”お上の決定は絶対”のザンビアです、仕方ないのか。

でも予定していたことがコロコロ変わるのにはホント困る・・・。こっちの予定が全く立たないし、ザンビアに来てもう9ヶ月が経つのにまだ振り回されっぱなしだ××

今回は写真無しですみません・・・。
とにかくこの不満をぶちまけたかっただけです。

やっぱりTIA = This is Africa!
[PR]
# by kasshan_maki | 2010-04-06 23:18
<2日目3月13日>
f0204589_2282918.jpg
朝TimとNickが起こしに来たのは5時45分・・・。6時にって言ってなかったけ?
展望台に上がる。周りがだんだん明るくなって朝日を拝む。朝日見るなんて何年ぶりだ?
はぁーっ・・・キレイー。

f0204589_2291220.jpg
イギリスから来られている年輩の女性(昨日会った)も一緒に朝日を楽しむ。
朝ご飯までの間、Nickと私はあたりを散歩。昨日の所まで行きたかったけどワニが出るから行けなかった。
f0204589_231826.jpgf0204589_2314410.jpg
シャワーして、朝ご飯はスバラシイ眺めのテラスで。
そこでオーナーの旦那さんが登場。セスナを飛ばすからどうかって!もちろんお金はいるけど、リビングストンに比べたら安い!
TimとNickも乗りたいって。もちろん私は大賛成!!

f0204589_233780.jpgf0204589_2341364.jpg車で飛行場まで行って約1時間のフライト。今回も動物は見られなかったけど雨季の広大なswampを空から見るのもサイコー^^


途中で酔ってしまったけど、良い経験。3人とも大満足で帰り支度。f0204589_2345517.jpgf0204589_2352962.jpg

ここで私のカードが出てきた!ドル払いかもと思い、別に出しておいたんだった!「とにかくよかった」って二人は言ってくれたけど、心配かけてごめんなさい(; ;)財布と現金は無くなったけど、カードがあってホント良かった・・・。
Parkの入口まで行く途中でバブーの群れに遭遇。やっと動物をまともに見れた!
f0204589_2361566.jpg

入口に来てここからが大変。なにせバスは夜中にしか通らないし、ここには停まらない。
ヒッチハイクするしかない。入口に詰めているザンビア人に聞いたら「大丈夫、すぐ来るよ」って。
しかし待つこと2時間。通った車はわずか2,3台。しかも停まる気配全くナシ!
何にもすることない炎天下で待つ。ひたすら待つ。やっぱりTIA・・・。
途中・・・
f0204589_241612.jpgf0204589_2414654.jpg
ピーナッツをアスファルトで焼いてみる。雨が降る。自転車競争をする。歌って踊る。ザンビア人とおしゃべりする。蛇とリス(?)の格闘を見る。何もせずボーっとする。たまに通る車に手を振るも無視される。自転車に乗ったブタが悲しそうな声でなく。f0204589_2431398.jpg

たくさんのザンビア人が自転車や歩きで通り過ぎたけど、彼らはスゴイ距離を移動してるなぁ・・・。一体どこから来てどこへ行ってるんだろう??だって見えるのはひたすら続く道と地平線だけだぞ!?

いい加減イヤになって半泣きになってきた。18時・・・。入口に来てからすでに6時間半経過、あたりが暗くなってきた。最悪ここで野宿か?って覚悟をきめたら1台のトラックが!!!慌てて道へ出て手を振る。
そのトラックは私を見て停まってくれた。ん?助手席には中国人の男性が乗っていて運転手に「中国語を話せるか?」と聞かれて「ごめん、私は日本人だ」って言ったけど快く載せてくれた。どうやら私を中国人だと思ったらしい。TimとNickに「マキ、でかした!」と言われた^^;f0204589_2452232.jpgf0204589_2461325.jpg
載せてくれると言っても、もちろん荷台。パイプが乗ってる上に座る。ザンビア人の先客2名と赤ちゃん。
音がうるさいけど星がきれいで、しばし3人とも無言で星空を眺める。しかし、5時間の長旅。しばらくしてお尻が痛くなってきたり、寒くなったり(Nickがパーカー貸してくれた!アリガトー><)、眠たくなったり・・・。
ウトウトしてたらやっとマンサに入った。途中で降ろしてもらって歩いて学校へ。23時帰宅。そのままバタンキュー Zzzzz

いろいろアクシデントもあり大変だったけど、日本人同士だったり同じ歳くらいの人同士だったら、たぶんこんな経験しなかっただろうと思う。
TimとNickの二人には感謝感謝。次の日は3人ともおもいっきり寝て昼から活動開始。夕食は誰も作る気になれなくて、ANNA MARIA(イタリアン)に行くことにした。
楽しくて長い週末、これにておしまい。
Photo by Tim & Nick. Thanks a lot!
[PR]
# by kasshan_maki | 2010-03-29 02:56
KASANKA National Park に行ってきました。
今回はベルギーから来ているTim と Nick と私の3人です。

<1日目3月12日>
f0204589_1421413.jpgこの日はYOUTH DAYで学校は休み^^
朝6時半に学校を出てバス(当然バスは1時間以上遅れて出発)で約4時間。NationalPark入口の前を通過するので途中で降ろしてもらわないといけません。
f0204589_1432140.jpg「そろそろかなー。コンダクターに言わないと・・・」と思っていたら入口が見えて、慌てて「止めてー!降りますー!」 
って叫んだ。200mほど過ぎたところで降ろしてもらってそこから歩く。
入口でロッジに連絡を取ってもらい、迎えが来るまで待つ。ひたすら待つ。携帯が通じないエリアなので無線でのやりとり。

そこで事件発生!私、どうやら財布をバスに落としてきたようです・・・。がび~~ん(T T)バカまきぃぃぃっ!
バスはもう行ってしまった・・・。Nickがたまたまバスにいた人の電話番号を聞いていたので電話をすぐに・・・って圏外やしーーー!
コネクトポイントまで30kmくらい車で走らないと携帯通じない。1時間半待ってロッジの車到着。コネクトポイントまで車で走ってもらうよう交渉。しかし1kmにつきガソリン代約K7,000取るって・・・そりゃないよぉぉぉぉぉ!
でも、背に腹は代えられん。行くか・・・
ポイントまで行って電話したものの、バスの中では見つからず。もし見つかったら預けて欲しいとお願いだけして入口まで帰る。がっくし。f0204589_144272.jpg

ロッジに着いたのはバスを降りてから4時間後でした。うーん・・・TIA「This is Africa!」←これを言ったらNickが気に入ってしまった^^
f0204589_1451180.jpg始めは2泊の予定だったけど雨季であまり見るところがない(というか動物がいないーー;)のと私の財布(カード)のことで1日だけ滞在することになった。
なので、16時からぐるりとロッジを歩いて散策することに。ガイドさんと4人で歩くこと1時間。

f0204589_146138.jpgf0204589_1464978.jpg雨季のため道は水浸し・・・というか湖を突っ切って歩いてる感じ^^; ワニが出てるからガイド無しでは歩けない。残念ながら鹿(プク)以外を見ることはできなかったけどきれいな景色を肌で感じた!
f0204589_1473876.jpg
Timがデジカメを落として壊れてしまった!あーカワイソウに・・・><


散策後、木でできた展望台に登り美しい夕日を楽しむ。

f0204589_1505566.jpgf0204589_1513957.jpg
日が暮れてから夕食。低コスト旅行(TimとNickは大学生で全て自費でザンビアに来ています)のため、食料は全て持参。晩ご飯は調理だけロッジの人にお願いする。カシワギ持参のワイン赤・白を飲みながら楽しい食事。
夕食後は外で星を見る。あー・・・いい時間の過ごし方だわぁ^^
f0204589_1522873.jpgf0204589_153628.jpg
Timは疲れたのか先に寝てしまったけど、Nickと私は遅くまでワイン飲んでおしゃべり。
カエルの鳴き声が一層大きくなって大合唱になった!ケロケロというよりパクパクみたいな感じ。
パクパクをBGMに眠りについたのは午前1時をまわっていました・・・。
[PR]
# by kasshan_maki | 2010-03-29 02:08