ザンビア活動記録


by kasshan_maki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2010年 03月 29日 ( 2 )

<2日目3月13日>
f0204589_2282918.jpg
朝TimとNickが起こしに来たのは5時45分・・・。6時にって言ってなかったけ?
展望台に上がる。周りがだんだん明るくなって朝日を拝む。朝日見るなんて何年ぶりだ?
はぁーっ・・・キレイー。

f0204589_2291220.jpg
イギリスから来られている年輩の女性(昨日会った)も一緒に朝日を楽しむ。
朝ご飯までの間、Nickと私はあたりを散歩。昨日の所まで行きたかったけどワニが出るから行けなかった。
f0204589_231826.jpgf0204589_2314410.jpg
シャワーして、朝ご飯はスバラシイ眺めのテラスで。
そこでオーナーの旦那さんが登場。セスナを飛ばすからどうかって!もちろんお金はいるけど、リビングストンに比べたら安い!
TimとNickも乗りたいって。もちろん私は大賛成!!

f0204589_233780.jpgf0204589_2341364.jpg車で飛行場まで行って約1時間のフライト。今回も動物は見られなかったけど雨季の広大なswampを空から見るのもサイコー^^


途中で酔ってしまったけど、良い経験。3人とも大満足で帰り支度。f0204589_2345517.jpgf0204589_2352962.jpg

ここで私のカードが出てきた!ドル払いかもと思い、別に出しておいたんだった!「とにかくよかった」って二人は言ってくれたけど、心配かけてごめんなさい(; ;)財布と現金は無くなったけど、カードがあってホント良かった・・・。
Parkの入口まで行く途中でバブーの群れに遭遇。やっと動物をまともに見れた!
f0204589_2361566.jpg

入口に来てここからが大変。なにせバスは夜中にしか通らないし、ここには停まらない。
ヒッチハイクするしかない。入口に詰めているザンビア人に聞いたら「大丈夫、すぐ来るよ」って。
しかし待つこと2時間。通った車はわずか2,3台。しかも停まる気配全くナシ!
何にもすることない炎天下で待つ。ひたすら待つ。やっぱりTIA・・・。
途中・・・
f0204589_241612.jpgf0204589_2414654.jpg
ピーナッツをアスファルトで焼いてみる。雨が降る。自転車競争をする。歌って踊る。ザンビア人とおしゃべりする。蛇とリス(?)の格闘を見る。何もせずボーっとする。たまに通る車に手を振るも無視される。自転車に乗ったブタが悲しそうな声でなく。f0204589_2431398.jpg

たくさんのザンビア人が自転車や歩きで通り過ぎたけど、彼らはスゴイ距離を移動してるなぁ・・・。一体どこから来てどこへ行ってるんだろう??だって見えるのはひたすら続く道と地平線だけだぞ!?

いい加減イヤになって半泣きになってきた。18時・・・。入口に来てからすでに6時間半経過、あたりが暗くなってきた。最悪ここで野宿か?って覚悟をきめたら1台のトラックが!!!慌てて道へ出て手を振る。
そのトラックは私を見て停まってくれた。ん?助手席には中国人の男性が乗っていて運転手に「中国語を話せるか?」と聞かれて「ごめん、私は日本人だ」って言ったけど快く載せてくれた。どうやら私を中国人だと思ったらしい。TimとNickに「マキ、でかした!」と言われた^^;f0204589_2452232.jpgf0204589_2461325.jpg
載せてくれると言っても、もちろん荷台。パイプが乗ってる上に座る。ザンビア人の先客2名と赤ちゃん。
音がうるさいけど星がきれいで、しばし3人とも無言で星空を眺める。しかし、5時間の長旅。しばらくしてお尻が痛くなってきたり、寒くなったり(Nickがパーカー貸してくれた!アリガトー><)、眠たくなったり・・・。
ウトウトしてたらやっとマンサに入った。途中で降ろしてもらって歩いて学校へ。23時帰宅。そのままバタンキュー Zzzzz

いろいろアクシデントもあり大変だったけど、日本人同士だったり同じ歳くらいの人同士だったら、たぶんこんな経験しなかっただろうと思う。
TimとNickの二人には感謝感謝。次の日は3人ともおもいっきり寝て昼から活動開始。夕食は誰も作る気になれなくて、ANNA MARIA(イタリアン)に行くことにした。
楽しくて長い週末、これにておしまい。
Photo by Tim & Nick. Thanks a lot!
[PR]
by kasshan_maki | 2010-03-29 02:56
KASANKA National Park に行ってきました。
今回はベルギーから来ているTim と Nick と私の3人です。

<1日目3月12日>
f0204589_1421413.jpgこの日はYOUTH DAYで学校は休み^^
朝6時半に学校を出てバス(当然バスは1時間以上遅れて出発)で約4時間。NationalPark入口の前を通過するので途中で降ろしてもらわないといけません。
f0204589_1432140.jpg「そろそろかなー。コンダクターに言わないと・・・」と思っていたら入口が見えて、慌てて「止めてー!降りますー!」 
って叫んだ。200mほど過ぎたところで降ろしてもらってそこから歩く。
入口でロッジに連絡を取ってもらい、迎えが来るまで待つ。ひたすら待つ。携帯が通じないエリアなので無線でのやりとり。

そこで事件発生!私、どうやら財布をバスに落としてきたようです・・・。がび~~ん(T T)バカまきぃぃぃっ!
バスはもう行ってしまった・・・。Nickがたまたまバスにいた人の電話番号を聞いていたので電話をすぐに・・・って圏外やしーーー!
コネクトポイントまで30kmくらい車で走らないと携帯通じない。1時間半待ってロッジの車到着。コネクトポイントまで車で走ってもらうよう交渉。しかし1kmにつきガソリン代約K7,000取るって・・・そりゃないよぉぉぉぉぉ!
でも、背に腹は代えられん。行くか・・・
ポイントまで行って電話したものの、バスの中では見つからず。もし見つかったら預けて欲しいとお願いだけして入口まで帰る。がっくし。f0204589_144272.jpg

ロッジに着いたのはバスを降りてから4時間後でした。うーん・・・TIA「This is Africa!」←これを言ったらNickが気に入ってしまった^^
f0204589_1451180.jpg始めは2泊の予定だったけど雨季であまり見るところがない(というか動物がいないーー;)のと私の財布(カード)のことで1日だけ滞在することになった。
なので、16時からぐるりとロッジを歩いて散策することに。ガイドさんと4人で歩くこと1時間。

f0204589_146138.jpgf0204589_1464978.jpg雨季のため道は水浸し・・・というか湖を突っ切って歩いてる感じ^^; ワニが出てるからガイド無しでは歩けない。残念ながら鹿(プク)以外を見ることはできなかったけどきれいな景色を肌で感じた!
f0204589_1473876.jpg
Timがデジカメを落として壊れてしまった!あーカワイソウに・・・><


散策後、木でできた展望台に登り美しい夕日を楽しむ。

f0204589_1505566.jpgf0204589_1513957.jpg
日が暮れてから夕食。低コスト旅行(TimとNickは大学生で全て自費でザンビアに来ています)のため、食料は全て持参。晩ご飯は調理だけロッジの人にお願いする。カシワギ持参のワイン赤・白を飲みながら楽しい食事。
夕食後は外で星を見る。あー・・・いい時間の過ごし方だわぁ^^
f0204589_1522873.jpgf0204589_153628.jpg
Timは疲れたのか先に寝てしまったけど、Nickと私は遅くまでワイン飲んでおしゃべり。
カエルの鳴き声が一層大きくなって大合唱になった!ケロケロというよりパクパクみたいな感じ。
パクパクをBGMに眠りについたのは午前1時をまわっていました・・・。
[PR]
by kasshan_maki | 2010-03-29 02:08