ザンビア活動記録


by kasshan_maki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Japan Festival in Kasama -Part.2-

理数科教師隊員のワークショップ見学のため、Kasamaに来ています。

>23日(日)
朝4時、理数科隊員2人カサマ到着の連絡。外は真っ暗、おまけに私達はKさんの家じゃなくてNさんの家。Nさんまで起こして外へお出迎え。
私の寝てたマットレスに3人、川の字で寝ることに・・・。
でも、私とKさんはKG の早朝練習に参加するので5時半に起きて学校へ。うぅぅ寝たい・・・。
結局、早朝練習に顔は出したものの、鍵を取りに行かなければならず(他の隊員は7時出発でルサカに帰ります)ロッジまで歩いて行く。
ロッジで他の理数科隊員3人と合流。KG 横のKさんの家へ帰る。

f0204589_10492276.jpgf0204589_1050513.jpgKさん宅で文化交流会の打ち合わせ。これはワークショップの一環で、私は理数科教師のメンバーではないので今回は見学させてもらうために勝手に来てます。なので、写真撮るだけの仕事です^^
その後、買いだし隊と交流会準備隊とに分かれて準備。
昼ごはん買いに行って、そこで1時間くらい待って(いつものこと・・・)バタバタと会場に。
14時の開始にギリギリ間に合うか!?・・・と思いきやKG の生徒はまだ昼食食べてた。
で、開始は15時に。いつものこと・・・。
日本クイズして、ソーラン踊って(私はカメラ係)大盛況で終了。開催した野郎6人の理数科隊員は実に満足そうでした。よかったね、盛り上がって^^

f0204589_10512490.jpg
他のカサマ隊員も来ていたので、みんなで今日はNational MonumentのMuwela Rock Artを見に行った。
そして、今晩は理数科隊員の野郎5人とともにKさん宅に泊まる。
→これがMuwela Rock。狩りの様子が描かれている・・・らしい。
f0204589_10521130.jpg
→夕日に向かって・・・







>24日(月)
今日は平日です。KG は6:40から打ち合わせ、7:20から授業だそうです。
・・・・おぉーい!もう6:00なんですけど!
野郎は準備が早くていいね。6時過ぎに起きてきても、6:40には家を出て行ったぞ。
ま、若干間に合ってないけど^^;
f0204589_10561383.jpg7:20からワークショップ始めるって聞いてたから、時間に行ったら全校集会が始まった。
あんまり関係ない私まで壇上に上がって紹介されてしまった。
集会が終わっていよいよワークショップがスタート。

今回は授業計画のことと授業見学の仕方をテーマにしてたみたい。
先生方に対しての発表・説明をしてから実際の授業を見学。
先生方は話が上手で授業内容はともかくとして(数学・化学の内容は柏木にはちんぷんかんぷん)授業はきちんと成り立ってる。
f0204589_1058293.jpgf0204589_10571937.jpg

→見よ!
  日本の高校生諸君!
  この積極的な姿勢を!
  この真剣な眼差しを!


高校生はみんな初々しくてかわいいなぁ。
じゃあ、なんでカレッジになるとあんなに変わってしまうんだ???
あー、いやいや、カレッジの生徒もかわいいですよ、たまには・・・。



f0204589_1131142.jpg授業見学は無事終了。ワークショップ最後のまとめに入って、私は昼食準備のため調理室へ。
Kさんの希望でザンビア人教師に日本食を食べてもらうことに。
みなさん喜んでくれたようです^^ よかった、よかった。
他の隊員は15時のバスでルサカに帰らないといけないので、あわただしくKさんの家を後にした。ばいばーい!ありがとねー!

私とKさんはKG 放課後の部活動に参加。久しぶりにバスケした。ちょっとだけだけど。Kさんはバレーバールの指導。
日本のことを思い出す柏木なのでした。
f0204589_10593578.jpg
今晩は、明日のことも考えてタウンに近いKちゃんのお宅へ移動。カサマの女性隊員3人と夕食。
Japan Fes・理数科教師・カサマ隊員のみんさん、ありがとうございました。
楽しいカサマ滞在でした^^



>25日(火・祝)
行きにあれだけ苦労したのに、帰りも同じルートを行こうとする無謀な柏木。
今回はヒッチハイクだー!
Kちゃんに付き添われて、大きな道で車を待つ。他にも同じ理由で待ってる人がいた。(10:00)
幸いにもすぐルウィングへ行く車が停まってくれた。車は新しいし値段も良心的。
ルウィングまでは問題なし!!(12:00)
・・・・しかし、またしてもルウィングから問題が。
例のバスストップでコンダクターらしきおっちゃんに「マンサ行きの車が来るから待っとけ」と言われて待ってたけど一向に来る気配なし。
もう一度聞くと「今日は来ない」って、オイ!うそつきかーーーーーーっ!!

幸い、マンサに行きたい人とその手前の町に行きたい人がいて、タクシーが1台いた。
ところが、タクシードライバーがどうもマンサまで行きたくないらしく(まあ、あの道なら気持ちは解らなくもない・・・)他のおっちゃんが必死の説得。何とか行ってくれー!
しかし、私にはもうひとつの問題が・・・。金が無ぇっ!!
マンサまでK300,000で行く。乗客3人、一人K100,000。でも一人は手前で降りるから、K60,000。
何とかK260,000で行ってもらえそうだけど、実は私、K90,000しか持ってないのですぅぅぅーーー!。まけてくれぇぇぇぇーーー!
説得してたおっちゃんに100と言われても、ホンマに90しか持ってないって!
諦めたおっちゃんとドライバーは90で手を打ってくれた。
しかも、私が「あーあ、残りK2,500しかなくなっちゃった」って言ったらK5,000返してくれた!!
まじでーーー!?!?ありがとうぅぅぅぅぅーーー(T T)
こんな日本人おらんやろうなー・・・。
とにかく、出発だ!今日中にマンサ着くぞ!(15:00)
道はやっぱり悪い。しかも、今回はセダン型タクシー。
途中の砂道で底がついてタイヤが空回りし始めた。降りて車を押す。なんとか前に進めた。
(後日、このことを同僚に話したら、「写真撮ったか?」と聞かれた。取りたい気持ちはヤマヤマだったけど、ドライバーもこっちも必死よーーー!そんなん出来る状況じゃなかったわいっ!)
やはりすんなりマンサには帰れそうもない。
ドライバーも長距離に慣れていないらしく、運転2時間したらすぐに疲れたと言って休憩する・・・。しかも、途中で男の人が2人乗ってきて(そのうち一人はでっかい!)後部座席は大人4人と赤ちゃん2人。もう一人の子供(4歳くらい)は運転席と助手席(私)の間に座る。
途中でこの子が寝だして、そこに座らせるのがかわいそうだったので私の膝の上に。
ルウィングを出て7時間半、ついにマンサ到着!(22:30)やったー!今日中に着いた!
ドライバーも乗客もくたくた・・・。
カレッジ前まで送ってもらって帰宅。(23:00)
長い長いアドべンチャーが終わった。もう二度とあのルートは使うまい・・・。

写真少なくてすんません。ホンマに必死やったんです・・・。
[PR]
by kasshan_maki | 2010-06-07 11:32