ザンビア活動記録


by kasshan_maki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

short trip 第5弾~Part.1~

4月のターム休み中、約1ヶ月間、遊びに遊びまくりました。f0204589_1036065.jpg
もうお金ありましぇ~ん!!でも楽しかったー^^/

今からのブログは主に国内旅行と任国外旅行を中心に書いていきます!
さて、まず4月10日~14日4泊5日でSiavonga+Lower Zambeziに行ってきました。
前回のSiavongaは同期隊員とでしたが、今回は若いイケメン・ベルギー人Nickと二人旅です。
→Siavonga・カリバ湖の夕暮れ。向こう側はジンバブエです。
※Nickの相方Timは南アに行っています。

1日目-10日土曜日-
朝5時にLusaka着、昼前にNickと合流f0204589_1020222.jpg
14:30 City MarketにてSiavonga行きのミニバスに乗り込む。
すぐに出るわけもなくバスがいっぱいになるまで待つ・・・。
ただじっと待つ・・・。ひたすら待つ・・・。
出発までの間、いろんなものを売りにいろんな人が来る。

一人の男の人がビニル袋に入った小さくて白い飴を売りに来た。
Nick : What is this? Mint candy?
Seller : ・・・・(無言でビニル袋を差し出す)
Nick : (一つ取り出して口に入れる)・・・・
    (口から出して)I don't like this....
    (3秒後)Nooooooo,Maki! This isn't a candy!!
私 : (その白い飴みたいなものを匂ってみる。ショウノウの匂い・・・)!!!
   Nick! This is for insects! Insect killer! ←でたらめな英語だけど意味は解ってくれた
Nick : Are you killing MUZUNGU? ※ザンビア人は白人(日本人含む)のことをムズングと言います。
Seller : ・・・・
私 : You should say something when he was eating!
Seller : ・・・・(何も言わずに立ち去る)
その後、Nickは頭痛と口の中の違和感に苦しむのであった・・・。
何が起こるかわからない!これまたTIA = This is Africa!
ま、しかし命に別状はなく数時間で頭痛も治まった。よかった、よかった。

そんなこんなで待ちに待つこと3時間、やっと乗客でいっぱいになって出発、17:30(T T)f0204589_10214226.jpg
途中で乗客が入れ替わり立ち替わりしながらSiavonga到着20:30
Nyami Nyami Lodgeのモーリスさんに迎えに来てもらってやっと宿にたどり着いた。
遅めのsupperをいただいて久しぶりに会うカズミさんといろんな話をする。
今回はNickが一緒なので会話はすべて英語。
カズミさんは英語が上手!私は大体の内容は聞き取れるけど、話すのがなかなか難しい(××)
夜にプールで水浴び+プカプカ浮いてから就寝。

2日目-11日日曜日-

f0204589_10251456.jpgf0204589_10342476.jpg先に来ていたJICA隊員4名をお見送り。
ロッジの3人息子と遊んでるうちにお昼になる。

昼食後、次のお客さん(別のJICA隊員3名)を迎えに行くついでにカリバダムを見に行くことに。
現在ダムのゲートは3つ開いていてすごい迫力!3つもゲートを開くのは何年かに一度で、今年はダム開通40周年だそうです。
虹が架かっていて綺麗です!


晩、ロッジの敷地内にカバが現れる@@!庭の草を食べに来た。
ここではよくあることだけど、私は初!こんな近くでカバが見られるなんて!
でも、カバは怒らせるとめちゃくちゃ危険な動物。なのでそっと見てるだけです。


3日目-12日月曜日-

f0204589_123180.jpg
前日夜更かしして朝寝坊。3人坊主が起こしにくる。
遅めの朝食をいただいて、さて、今日は何をしよう?
みんなでプールで遊んだり屋上テラスで日向ぼっこしたり・・・。

f0204589_1241643.jpg
昼からカヌーをしに行くことにした。
川のカヌーと違って広いし波もあるから結構漕がないと前に進まない(++)
私はガイドさんと乗ったので、漕ぐのは半分お任せして写真を撮るのに忙しい。
1時間半ほど周遊してから、イーグルロッジでビール飲みながらお迎えを待つ。

今晩もカバを発見!今回も静かに見守ります。
それから屋上テラスで一人ワインを飲みながらぼんやり・・・。
ちょっと寂しくなってきたから部屋に戻ろうかと思ったところにNickが迎えに来てくれた。


次回に続く・・・
[PR]
by kasshan_maki | 2010-05-17 10:44