ザンビア活動記録


by kasshan_maki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Short Trip 第3弾 ~Part1・Livingstone~

やってきました!楽しみにしていた年末の旅行!
今回は国外へは出ずにリビングストンへ行ってVictoria Fallsを見るのとラフティングが主な目的。
そしてリビングストンからチョマ(同期隊員の任地)へ場所を移して同期(+隊員の友人や奥さん)で年越し。

<1日目・28日>
8:15 ルサカのドミトリーを出てインターシティというビックバスの乗り場へ。→9:00 ビッグバスでリビングストンへGO!→15:30 ルサカから6時間半でリビングストンに到着。観光地(ザンビアで唯一?)だけあって、ルサカや他の所とは違う雰囲気がある。
そしてムズング率が非常に高い!※ムズングとはザンビア人が言う白人のこと。欧米人はもちろん、アジア人も彼らからしたら”white”なんだそうです。だから私たち日本人もムズング。

f0204589_22255057.jpgf0204589_22334886.jpg16:00 宿泊先に荷物を置く。→16:30 明日のラフティング予約。→17:00 宿舎の目の前にあるSHOPRITEでドリンク&夜食購入。→18:00 先輩隊員お薦めのイタリアンレストランでディナー。
昼ご飯抜きだったのでみんな腹ぺこ。注文した品が来たらアッという間になくなる!今回も飲んで食べての旅になること間違いなしだ・・・。
夕食後、宿舎にあるプールの横で飲み直し。プールと言えば・・・やっぱり!
水があると嬉しくて飛び込む魚のような男性隊員と他の隊員がプールで泳いでた。私はプールサイドを歩いている時にシアボンガの時と同じ魚男の殺気を感じたが今回はなんとか回避!f0204589_22355793.jpgf0204589_22351961.jpg
晩に宿舎の黒猫が私たちの部屋に入ってきて「一緒に寝るか、マジノスケ?(←勝手に命名)」と聞いたら「にゃー!」って答えた。ホントにベッドに上がってきて私の横で寝た。途中、私の腹の上で寝やがったがゴロゴロ喉を鳴らして気持ちよさそうだったので許してやった。これがマジノスケ↑(たぶん・・・。だって同じ柄した猫が3匹もいるんだもん)

<2日目・29日>
f0204589_22364521.jpgf0204589_2237252.jpg7:30 迎えの車でアクティビティの事務所があるロッジへ。→8:00 アクティビティの確認と支払いを済ませて朝食とラフティングの説明。
→9:30 ライフジャケット・ヘルメット・オールを受けとってザンベジリバーへGO!車を降りて川岸まで下ること約20分。
いよいよラフティング開始!スタート地点はVictoria Fallsのすぐ近くから。水量がハンパ無い!ワクワクしてきたーーーっ!(3月以降はもっと水量が多いらしいが、多すぎてラフティングができないらしい)
Team”DOC”(インストラクターの名前)は私たち21年度1次隊のうち5人と20年度3次隊のマラウィ隊員2人(今回たまたま一緒になりました^^)の7人。
午前中に15のRapids、午後に10のRapidsの計25Rapids。マラウィ隊員の2人はハーフディコースで午前中のみ。
TeamDOCは一番始めの流れに乗るところからいきなり転覆××!水中でヘルメットが顔に被さって死にかけた@@
他のボートに助けられて自分のボートに帰るも、2nd Rapidsでまたもや転覆××!
鼻から水飲むし、溺れかけるし、ラフティングって過酷・・・。でも楽しいーーーっ!!  
それ以降はコツをつかんでなんとかクリア!!午前中の15Rapidsを終えてマラウィ隊員の2人はヨレヨレで帰っていきました。
f0204589_2243017.jpgf0204589_2240932.jpg
私たちはそこで軽いランチを食べて残りの10Rapidsへ!TeamDOCはマラウィ隊員の替わりに米国人カップルを加えて出発。
だいぶん下流まで来たからか、私たちが慣れてきたからか、午前に比べると余裕を持って楽しめたし転覆も無し^^
全行程を終了して、ゴンドラで上まで上がってきた時の達成感ってなかなかないね!そこで飲んだビールの美味いこと!
ロッジに戻る途中で象発見・・・って象よ象!Natinal Parkでもないのに村に野生の象が出てくるなんてさすが「TIA」!This is AFRICA!
そんなおまけも付いて無事にロッジに到着。ロッジで出された軽食(美味しい+腹ぺこなのでみんなガッツリ食べて軽食ではなかった)を食べて宿舎へ。さすがにみんなお疲れで外へ出て夕食を食べる気もないし、さほど腹も減ってないと言うことで各自食べたいものがあれば購入してプールサイド集合ということになった。私はなぜか異様に元気だったのでプールで少し泳ぐことに。
みんな疲れてはいるものの、大興奮の1日を思い出して話は弾む。そして今日も楽しい1日が更けてゆくのでした・・・。
f0204589_22502774.jpg

つづきはPart2で・・・。
[PR]
by kasshan_maki | 2010-01-17 22:59