ザンビア活動記録


by kasshan_maki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

地球の生き物ってすごいね

ザンビアに来て驚かされるのは人間だけではありません。
「日本にはおらんやろ、こんなん!」という生き物がいっぱいです。
当然、ナショナルパークに行けば日本では動物園でしか見られないような動物や鳥が見られるのでしょうが、今回は私の身近なところで発見したものをご紹介します。
特に花はまばゆいばかりです。は虫類と虫は目がくらみます・・・。
もちろん、日本にいるのもたくさん見かけますよ。
10月頃にはトンボが飛んでて「あぁここも秋か~」なんて思ってました。
しかし2日前には蛍を見ました。季節の感覚がおかしくなりそうです・・・--。

f0204589_151104.jpgまずはじめに見つけたのがカラス。
「絶対突然変異のヤツだ!」と思って同期の友人に興奮して報告したら、どのカラスも同じだった・・・。
カラスはどこに行っても真っ黒だと思っていましたが。
決して日本の犬のように飼い主に無理矢理白いベストを着せられている訳ではありません。

f0204589_1521867.jpgf0204589_1525611.jpg次にルサカのフットサル場で見つけたバッタ。
大きさはペットボトルのキャップと比べてもらえれば大きさがわかると思います。
きれいな緑の羽の中に、ナゼに青と赤の羽?!飛んでる時めっちゃ目立つやん、これじゃ。って突っ込みたくなる。
そういえば学校のグラウンドにも体が茶色で中の羽が赤いの飛んでたなぁ・・・。

f0204589_1534673.jpg学校のオフィスで見つけた小さな虫。写真がボケてて申し訳ない。きれいなエメラルドグリーンの体に黄色の頭。色遣いがキレイでしょ?

そして、我が家の家には生き物がいっぱい!
しかし、同居を許しているのはトカゲ・イモリ・ヤモリ・アリ・クモだけです。
ゴキ・蚊・蛾・その他は許していません!しかし奴らは恐い者ナシで入ってきます!
そこで大活躍なのが同居人(←ヒトじゃないけど)。いつも同じ所にいるトカゲが最近太ったような気がするのは気のせい?
でも、毎朝彼らのでっかいウ( )コを発見するのです・・・。
f0204589_1544040.jpgf0204589_9535685.jpgアリは落ちている虫をどっかに運んでいってくれるし、ダイニングと寝室には入ってこないよい子たちなのでヨシ。
クモは「朝クモは幸せを運ぶ」という話(あってるか?)を意外に信じてるから・・・かな?
あぁ、びっくり生き物の話やった・・・。
我が家にいた蛾の中で嫌味なほどの色彩のがいたので写真撮ってみました。ちなみにヤツらは部屋の中には入ってこなかったので撃退対象にはならず。

f0204589_1553286.jpgf0204589_1562451.jpg学校の校内で見つけたトカゲ。お互い睨み合ってフリーズしてしまった私とトカゲ。初め「これってペンキ塗りかけの置物か?」と疑ってしまった。いや、マジで・・・。
ザンビア人が”ブルーヘッド”と呼んでいましたが、発情期だけこんな色になるんだとか。校内で3匹は見たぞ!

昆虫・は虫類が苦手な方も多いとは思いますが、ザンビアに来たら逞しくなること間違いなし!

f0204589_1574436.jpgf0204589_210247.jpgf0204589_2104333.jpg
癒しの花の写真も載せておきます。全てを載せることはできませんが・・・。
年中どこかで何かの花が咲き乱れています。赤・青・白・黄・紫・ピンクなどなど。
さすが南国!(←ザンビアは南国なんだろうか?)
アフリカの「乾いた大地とブッシュ」じゃないでしょう?でもそういうところもあるのよ、もちろん。

ザンビアって「貧しくて飢えと乾きに苦しんでるアフリカ」のイメージとは全く違う。貧しい国ではあるんだけど・・・。
不思議な国だ。

あー、他の花の写真まだPCに移してなかった!
すみません、載せておくのでまた遊びに来てください。
[PR]
by kasshan_maki | 2009-11-28 01:26